<DOES-Factory>は“海外進出サポート×Webソリューション”で事業課題の解決を行う<DOES-iNTERNATiONAL>のインフルエンサーマーケティング部門です。
私たちは3つの言葉をこのように定義します。

DOES=客観的立場であり続ける伴走者

Factory=海外代理店/ソリューション製造工場

インフルエンサー=個人の持つあらゆる能力で影響力を発揮する人物
<DOES-Factory>は企業および個人に対し、以下の4つを提供します。

・日本のモノが海外で「売れる」を作り出す。

・海外のモノが日本で「売れる」を作り出す。

・世界各国のインフルエンサーの力を統合・連携し、海外に向けた日本人の影響力を拡張する。

・所属インフルエンサーの育成を通じて、“本当にやりたいこと”を実現する人材を輩出する。

インターネット・テクノロジーの発展により、世界は距離の問題を克服し、海外はより近くにやってきました。
ECサイトを活用することで、海外に向けてモノを販売することは容易になっています。
しかし、海外向けECサイトにモノを「置く」ことと、実際に「売れる」ことは全く別物です。
<DOES-Factory>は、海外に向けてただモノを「置く」のではなく、「売れる」までのプロセスを提案します。
<DOES-Factory>は新しい世界で2つの再定義が必要だと考えます。

・2019年以前のビジネスを、2020年以降のビジネスに再定義する。

2020年、我々の世界は大きく変化しました。
ライフスタイルの変化が、人間の持つ価値観にも大きく影響を与えています。

働き方改革、オンラインツールの普及加速、アフターデジタルの原理etc...
これらの発展によって、人は生活する場所を選び、リアルで会う人を選び、食べる物だけでなくその食べ方までも
慎重に選ぶようになりました。実際にどこで、誰と、何をするか?その基準が明らかに上がったことにお気づきでしょうか?
それに伴い、求められる商品・サービスも変化しています。
過去のビジネスモデルの根底は崩れ、そのまま新しい世界に持ち込むことは非常に難しい。

我々は全てのビジネスの前提を見直し、新しい世界の需要と供給を“再定義”することを提案します。
・夢の実現方法を再定義する。
最もモデルチェンジを要される業界が「エンターテイメント」
<DOES-Factory>に所属するインフルエンサーは本来、タレント・モデル・俳優etc...を目指す人材です。
彼らは十分に理解した上で、競争の厳しいエンタメ業界に飛び込もうとしていました。
しかし、2020年、彼らに追い打ちをかけるように訪れた新しい世界では、従来のエンタメの席数は減り、挑戦することすらままならない現実に直面することになりました。

我々はそんな“夢”を持つ人材に、新たな戦い方を提案します。

インフルエンサーとして、日本だけにとどまらず、世界各国で実績を積むためのステージを提供し、影響力を拡張し、“本当にやりたいこと”を実現する人材を生み出します。
・そして訪れる「ひとつの未来」

3つの言葉
4つの提供すべきこと
2つの再定義

この先に<DOES-Factory>はひとつの未来を作り上げます。
度重なる変化に反応し、適応したビジネスサポートをすることで、日本人の影響力を拡張し、日本ビジネスに進化をもたらします。
Back to Top