まずはご挨拶から。GENマネこと、DOES-Factoryのインフルエンサーマネジメントを担当します、小林ゲンです。

「今週のGENマネージャー」とか言ってますが、毎週あげるかどーかわかりません!
2020年9月、DOES-Factoryが本格始動したこの時から、いろんなことに対し、僕が思うことをここにボヤいていこうと思います。
読んでもらえれば、ちょっとした暇つぶしとDOES-Factoryがどんなもんかは、なんとなく伝わる...かもしれません( ̄▽ ̄)


初回は<DOES-Factoryの起源>についてかな、やっぱり。

<DOES-Factory>は“海外進出サポート×Webソリューション”で事業課題の解決を行う<DOES-iNTERNATiONAL>のインフルエンサーマーケティング部門です。

<DOES-iNTERNATiONAL>代表のKAZUKiと僕は、同じオフィス環境を共有するメンバーでした。
同じシェアオフィスにいる別のチームという関係です。

2020年3月、東京での新型ウイルス感染者が急増し、出勤自粛・店舗営業制限・在宅推奨によりかつてないほど
東京のアクティブ人口が激変しました。

そんな中、でも代表のKAZUKiと僕は全く変わらず、いやむしろそれまで以上にオフィスに足を運び、それぞれの業務に没頭していました。

その時まで出会ってから半年ぐらい、必要以上の接点はなく挨拶する程度でした。

しかし、この一件でお互いの本性というか、スタイルが近いことがわかり急接近!
ピンチはチャンス!」なんて薄っぺらいありきたりな表現は嫌いなんですが、要はどっちもそんなタイプ。
生命の危機に晒されれば晒されるほど、水を得た魚のように暴れ出す、“スリル依存症のズレたやつら”であることが判明したって感じです(^_^;)

この期間、そーですねぇ、他の人間がほとんど出入りしない期間が2ヶ月ぐらいだったかな?
その間、さまざま変化の可能性について「これはどうなる?」「こんなこと起こるんじゃね?」と議論を重ねました。



...その時、生まれたもののひとつが<DOES-Factory>です。

議論のひとつに「これからのエンターテイメントについて」も考えました。

KAZUKiもGENも、結構合理的で効率的なくせに、音楽・ファッション・デザインetc...
本来「なくても命には関わりのない領域」にひどく魅力を感じている人間です。

その観点から、これからの日本のエンタメ業界を考えた時、こんな流れになりました。

---------------------------------------------

テレビ、ライブ、演劇、公演...
これらは軒並み活動停止。
業界全体が仮死状態。

...これはもとに戻るのか?
否!元に戻ることはない。
新たな進化を遂げるよりほかに道はない。
(くそー、もっとライブ行っておけばよかったーー!!)

---------------------------------------------

ってな具合に。

そして考えたんです。

俺らはおっさんで、もうやりたいことやってる。
けど、これからの若いヤツら。
とりわけそのエンタメ業界で、モデル・女優・ダンサー・歌手...
この領域にチャレンジしようとしてたヤツらはどうなる?

って。

タレント・芸人はひな壇を追われ。
テレビはソーシャルディスタンスを加味して、画面に収まる人数の席しかなく。
ライブはたとえ再開できたとしても、観客動員を増やすことはできず。
ファッションも需要は激減。作品を披露する機会も失われる。

ただでさえ夢と夢が激しくぶつかり合う、競争の厳しい世界

それがさらに激化!
むしろ先を行く既存の芸能人ですら、渋滞起こしているようなこの世界で、
こいつらはこの先どーやって戦ってくんだ?

って。

もちろん、その中でもできるヤツは這い上がってくると思うけど、
ほとんどの若い子たちは、挑戦することすらできずに沈んでいく。
それはさすがに酷でしょう(>_<)



そしたらやっぱりいたんですよ。

大学卒業して、本格始動しようとしたが自宅に缶詰めにされてしまったダンサーあがり。
ナイトワークで生計立てながら、女優目指してたのに仕事がなくなってしまったホステス。
東京でエステに就職して、美容を学びながら、自分を高めていこうとしていたけど内定取り消しになっちゃったモデル志望。

こんなのは氷山の一角で、まだまだいるでしょうね。
苦悩と葛藤の中で泣き出しそうな若いヤツらは...


今でテレビも再開し、世の中動いてきた気がしますが、明らかに去年とは違う世界でしょ?

生活には身近で、ほとんどの人が一度は夢見るけど、ほんとはとても遠く険しいエンターテイメント業界。

いい歳したおっさん達は、ここに挑戦したけどダメだったり、憧れてたけど挑戦もしなかったりで、諦めがついてます。
が、まだそうじゃない、そこまでも行ってないヤツらにはなんかしてやりたい。

君らにはできなくても、おっさん達ならできる事がある。

それ用意してやるから、おっさんたちを利用して、とにかくやってみろや!

って言いたい。

これが<DOES-Factoryの起源>です。


以上、一発目のGENマネでした。
今後トモ、ヨロシク...

Back to Top